第41回 ジョゼ・モライス Part1(レアル・マドリード トップチームコーチ)

2012.08.10

アルフレッド(以下AG):
レアル・マドリードのトレーニング施設は、トップやアカデミーの選手にとって本当に素晴らしい施設ですが、 夏場やシーズンの始めには、気温が非常に高くなる環境かと思います。選手たちは何時ごろにトレーニングを行っているのですか?

ジョゼ・モライス氏(以下JM):
通常、シーズン中のトップ選手は10時30分頃からトレーニングを開始します。アカデミーの選手は午後5時以降からのトレーニングとなります。 ただし、気温の高い月には午後7時以降からトレーニングを開始する事もあります。
ご存知の通り、我々はゴールキーパー・エリアも含む複数のフィールドを所有しています。メディカルセンターやリカバリー/リハビリ・エリアといった施設を所有しているという事は我々の誇りです。私はこれらの施設は、世界的にも最先端の施設だと思っています。

AG:オフィスで本やドリル、ゲームの図を見せてもらいましたが、いつもどの位の時間をかけて練習メニューを考えるのですか?

JM:最低でも1時間はかけて、ひと通りのドリルやゲームを調べています。

AG:多くのユース世代のコーチから質問を受けるのですが、練習の記録はつけるべきだと思いますか?

JM:「記録をつける」というのはいい考えだと思います。特に、練習がうまく機能しない時や新しいアイディアが浮かんだ時にはとても効果的だと思います。そうすることで、次回、同じ練習をする時に内容に変化をつけ、改善された練習を行う事が出来ると思います。

AG:クラブには、ロナウド選手やディ・マリア選手、エジル選手など、すばらしい技術を持った選手達がいますが、彼らのようなワールドクラスの選手でも、いまだに技術の練習をするのですか?

JM:はい。私の考えでは、トップの選手ほど技術や戦術の練習、そして身体トレーニングを行っています。私は、技術、戦術、身体の能力が完璧になる年齢はないと考えていますし、素晴らしい選手はいつまでも進化したいと考えています。

次回は、モライスコーチから見たクーバー・コーチングの指導方法に関するインタビューです!

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.