EURO2

2012.08.28

本大会開幕に向けての特別企画では
歴代の大会参加選手による『スーパープレー』を
皆さんにも実践していただく為の
習得トレーニング方法をご紹介しています!

Vol.2 【ダヴォール・シューケル / 元ユーゴスラビア、クロアチア代表】

紹介スキル: チップ・フィニッシュ

このシュートの際、シューケルは・・・

1) 利き足である左足でシュートをする為、
  ファーストタッチでボールを左側にコントロールし、

2) 目線をあげてシュマイケル(GK)の位置を確認。

3) ボールの下を蹴り、シュート。
  蹴った後は膝を高く上げて足を振り切りフォロースルー。

【スキルの練習方法】

[配置]
6×10mの四角エリアを横一列に3つつくり、
エリアの20m先に小さいゴールを1つ設置する。
4人組みのチームを3チームつくり、
各チーム1名を最初からゴールに背を向けた状態で立たせ、
仲間の選手はその選手と向かい合うように一列で並ぶ。

[動き方]
各列の先頭選手達は、正面の仲間に<ワンタッチ>でパスを出した後、
その仲間の所まで走り、ポジションを交代する。
パスを受けた選手もワンタッチで次の先頭選手にパスを返した後、
走って列に加わる。
この動きを繰り返し、合計11回のワンタッチパスを行う。
11回目のパスの時点でゴールに背を向けている選手は、
受けたボールをもってターンし、ゴールに向かってドリブルし、
チップキックでシュート。
最初にシュートを決めたチームの勝ち。
ただし、ネットにふれる前にボールが地面についた場合はカウントされない。

[コーチングメモ]
年齢や能力によって、
四角エリアからゴールまでの距離を変えて難易度を調整しましょう。

[選手へのアドバイス]
1) シュート前は目線をあげてターゲットを確認しましょう。
2) ボールを蹴る際、少しだけ上体を後ろにそらしましょう。
3) ボールを蹴った後は、膝を高くあげて振り切ることで
  フォロースルーをしましょう。

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.