EURO3

2012.08.28

本大会開幕に向けての特別企画では 歴代の大会参加選手による『スーパープレー』をご紹介。

そして皆さんにも実践していただく為の 習得トレーニング方法をご紹介しています!

3回目は元イングランド代表 ポール・ガスコイン選手が ユーロ96(スコットランド開催)で見せたスーパープレーをご紹介。

紹介スキル: 【ディフェンダーの頭越しにボールを浮かせ、ダイレクトボレーシュートで得点を奪ったプレー】

 

1)チームメイトによりパスされたボールを注視する一方、 相手ディフェンダーのポジションをチラッと素早く確認。

2)ボールが地面にバウンドしたら左足のインステップで 向かってくるディフェンダーの頭越しに優しく(美しく)タッチ。

3)ボールがディフェンダーの頭を越えると同時に加速して抜き去り、 右足のインステップでボレーシュート。

【スキルの練習方法】

[配置]

15m×20mのグリッドの淵に12m離して2つのミニゴールを設置。

ゴール側のエンドラインから5mの距離にシュートラインを設ける。

ディフェンダー(D)がボールを持って、ゴールの間のエンドラインに並ぶ。

アタッカー(A)はボールを持たずにディフェンダーと向き合うように 反対側のエンドラインに並ぶ。

 

[動き方]

ディフェンダー(D1)はアタッカー(A1)に向かってボールを投げ、 プレッシャーをかける。

但しボールは奪わない。 A1はボールを ボールがワンバウンドしたら、 向かってくるD1の頭越しに

ボールを浮かせ、 ボレーシュートしてどちらかのゴールへの得点を試みる。

 

[コーチングメモ]

D役の選手に正確にボールを配給する方法をデモンストレーションを交え、伝達する。

この練習ではD役の選手は、相手というよりは練習のための補助役。

だからA役の選手が効果的な練習ができるよう正確にボールを配給する必要がある。

 

[選手へのアドバイス]

この難しいスキルを習得するための3つのポイント

  1. 配給されたらタイミング良くボールを迎えに行くこと。 決してボールを待ってはいけない。
  2. ボールがバウンドしたら足のインステップで、Dの頭越しへボールを優しくタッチすること。
  3. Dの頭越しにボールをタッチしたら加速してDを抜き去ること。 そうすればボールが地面にバウンドする前にボレーシュートを撃つことができる。
ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.