2008年度前期授業レポート2〜講義・実技〜【アカデミー】

2008.04.07
■開催日 2008年04月07日(月) 〜 2008年07月04日(金)
■場所 クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
■開催 クーバー・フットボールパーク武蔵浦和
■参加人数 アカデミー生20名
Date 2008.04.07


4月にスタートした前期13週間のアカデミーカリキュラムが終わりました。
プロのコーチを目指している20名にとって、A.S.E.(Action Socialization Experience:社会性を育む活動体験)を通しての他者とのつながりは、これからの指導経験に活かされていきます。カリキュラムは特別講師からの講義もあり、解剖学を始め、新しいキズケアの考え方である“モイストヒーリング(湿潤療法)”などの幅広い知識も深めました。


             A.S.E.                   モイストヒーリングセミナー


             解剖学                     テーピング実習


講義だけでなく、サッカー基礎理論からなる実技もあり、トレーニング論はプロのアスレティックトレーナーから全8回の実習も行いました。


         サッカー基礎理論                   トレーニング論


様々な授業で身につけた知識をサッカーコーチとしてプレゼンテーションしていくために、指導実践も行ないました。前期の最終日には、毎年恒例の生徒チーム対コーチチームのゲーム大会を開催しました。


            指導実践                      ゲーム大会


現アカデミー生・・・前期が終わっての感想

◆井坂美都(埼玉県出身)
なでしこリーグ
 伊賀FCくの一(前プリマFCくの一)
1999年後期リーグ
 得点王&最優秀選手受賞
 ベストイレブン
元なでしこ代表
 アジア女子選手権
 第3回FIFA女子世界選手権 出場

アカデミーに入る前、私は「身体は動いてもサッカーの知識では不安」があり、緊張していました。しかし、幅広い授業内容を勉強してサッカーの奥深さというものを知り、またそれが身に付いたような感じです。特に発想法の講義や解剖学では複雑な内容のものをワークスタイル(2人組)で学べたことが楽しかったです。
私はアカデミーで学んだことを選手の時に知っていたら、きっと変わっていたと思います。最初の不安も、毎日課題を持って取り組めたことでやりたいことが明確になり、前期を通して達成できたことがサッカーを伝えるということに道ができた気がしています。

アカデミーHP:https://coerver.co.jp/academy/

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.