2009年度前期授業レポート4〜指導実践〜【アカデミー】

2009.05.20
■開催日 2009年05月20日(水)
■場所 クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
■開催 クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
■参加人数 アカデミー生:16名
Date 2009.05.20


クーバー・アカデミー・オブ・コーチング(以下アカデミー)の前期では、コーチになるための基礎知識を主に学びます。その中には「サッカー基礎理論」という授業があり、その名の通り、サッカーの基礎について学びます。サッカーコーチにとっては基盤となる最も重要な知識なのでアカデミーではこの授業を前期で1番多く、総計45時間設けています。ここには、生徒による指導実践も含まれます。今回は、第1回目の指導実践の様子を紹介します。

クーバー・アカデミー・オブ・コーチング


中川ヘッドマスターがトレーニングのテーマを決め、そのテーマに沿ったメニューを生徒が考案・実践します。


コーチ役は青いユニフォームです。


それぞれ、終わった後にフィードバックを受けます。
指導のポイントが逸れていたり、つけ足す部分があったりと、1回目はいろいろあります。


選手がサッカーを練習するのと同じく、コーチも指導の練習が必要です。


メニュー作りから実践・分析まで何度も何度も練習をして、1人前のコーチを目指します!

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.