2010年度前期授業レポート11〜栄養学〜【アカデミー】

2010.06.02
■開催日 2010年06月02日(水) 〜 2010年06月16日(水)
■場所 クーバー・アカデミーオブ・コーチング
■開催 クーバー・アカデミーオブ・コーチング
■参加人数 アカデミー生:20名
Date 2010.06.02


アスリートや成長期の選手たちは何を食べればいいのか?
また、なぜ食事が重要なのか?
パフォーマンス向上の為には、「トレーニング、栄養、休養」の三本柱が重要になります。
この授業では、エネルギー、カラダづくり、コンディショニングについて、何故、何を、いつ、どれくらい、どのようにして食べればよいのかを実際のトップアスリートや育成現場での事例等も紹介していただきながら学習していきました。
また、試合や練習時の水分補給についても学びました。

□講師:菅 泰夫
    株式会社ニューレックス
    管理栄養士
    2002FIFAワールドカップサッカー日本代表栄養士
    2004アテネオリンピックサッカーU-23日本代表栄養士
    2006FIFAワールドカップサッカー日本代表栄養管理
    Jリーグクラブ(ジュビロ磐田、柏レイソル)栄養サポート
    バスケットボール全日本女子チーム栄養サポート
    東芝バスケットボール部栄養サポート
    三菱重工相模原ラグビー部栄養サポート 他

クーバー・アカデミー・オブ・コーチング





授業レポート10 〜スポーツセーフティー〜 授業レポート12 〜メンタルトレーニング〜 →

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.