(社)新潟県サッカー協会主催 U-9・10キッズエリートプログラム クリニックレポート

2005.10.22
■開催日 2005年10月22日(土) 〜 2005年10月23日(日)
■場所 新潟県聖籠スポーツセンター(通称アルビレッジ)
■開催 社団法人新潟県サッカー協会
■参加人数 110名
Date 2005.10.22


J1クラブであるアルビレックス新潟の練習会場でもある、新潟県聖籠スポーツセンター(通称アルビレッジ)にて、小学3・4年生を対象と致しました、U−9・U−10キッズエリートプログラムを実施いたしました。
(社)新潟県サッカー協会は日本サッカー協会キャプテンズミッション「M5エリート養成システムの確立」のキッズ年代エリート教育に関する「リードFA」に認定されており、キッズ委員会を中心に低年齢層から選手育成・養成活動、そして底辺拡大の普及活動に非常に力を入れているおります。
当日はあいにくの天候でしたが、屋根付のフットサルコートで各セッション2グループの子供達が、トレーニング前は緊張した様子でしたが、トレーニングが進むにつれ、覚えたテクニックに積極的にトライし、最後のミニゲームでは初めて出会った仲間達とコミュニケーションをとり、本当に楽しそうにプレイしていたのが印象的でした。練習後には満足した顔で、本当にこの2日間が子供達にとって非常に有意義な時間となったと感じました。
最後になりますが、この場をお借りいたしまして、今回の開催に当たりご尽力をいただきました社団法人新潟県サッカー協会キッズ委員会の皆様にお礼を申し上げます。

□参加コーチ
 冨嶋 均(横浜ジョイナス校スクールマスター)
 中川英治(新潟県キッズエリートチーフ/世田谷校スクールマスター)
 廣庭秀高(大田校スクールマスター)
 兼高広道(浦和校アネックススクールマスター) 


J1クラブであるアルビレックス新潟の練習会場でもある『アルビレッジ』にて開催


U-9・10(小学3・4年生)を対象にしたキッズエリートプログラム、クーバー・コーチングクリニックを実施


ボールマスタリーやフェイントのトレーニングに真剣に取り組むプレーヤー達が印象的でした


初めて出会うプレーヤーが多い中、コミュニケーションを取り合い活気のあるトレーニングになりました


クーバー・コーチングでは、コミュニケーション能力にもスポットを当て、トレーニングの中で開発していきます


参加したみんなで


今回の開催に当たりご尽力をいただきました社団法人新潟県サッカー協会キッズ委員会の皆様にお礼を申し上げます

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.