アルフレッド・ガルスティアンによるエリート選手トレーニングセミナーレポート【アジア】

2008.04.26
■開催日 2008年04月26日(土) 〜 2008年04月27日(日)
■場所 水原市 障害者専用サッカーフィールド、韓国
■開催 クーバー・コーチング・コリア
■参加人数 選手40名(小学1年生〜高校生対象)、保護者50名
Date 2008.04.26


クーバー・コーチングコリアには「エリート選手育成プログラム」という大人気コースがあります。第1回目のクラスには2名しかいなかったこのプログラムですが、有難い事に口コミで良い噂が瞬く間に広がり、活動開始から2年が経った今、多くの選手がキャンセル待ちの状態となっています。


4月26・27日、クーバー・コーチングの共同創始者でありインターナショナル・ディレクターのアルフレッド・ガルスティアンが韓国の水原市(ソウル市から車で約40分の距離)にてエリート選手とその保護者に向けた2DAYセミナーを行いました。「エリート選手育成プログラム」のコースを受けている選手40名全員が実技に参加し、保護者の皆様も熱心にスタンドからアルフレッドの実演を聞いていました


セミナーの目的は世界でトップクラスのコーチングをエリートプログラムコースの選手達に体験してもらうこと、またその保護者の皆様に我々がトレーニングに取り入れるドリルやメニューの意図を説明する事。そして様々なレベルの選手全員を個人的に向上させるために我々のコーチングスタッフがどういった工夫をしているかを理解して頂く事でした。アルフレッドは選手達に正しいスキルを習得してもらえるよう丁寧に指導していました。選手を指導すると同時に保護者の皆様に対してはコーチが様々な状況において、どういった点を意識しながら指導をしているかも説明しました。選手達の真の実力を引き出すために、クーバー・コーチがどれほどの工夫をこなしているかを保護者の皆様にご理解頂けたと信じております。


2日目はあいにくの雨で、15分程度セミナーを中断しなくてはならない程激しく降った時間帯もありました。それでも参加者の熱心な受講態度は変わらず、グラスルーツのサッカーコーチとしては世界最高峰であるアルフレッドが繰り出す貴重な経験談に耳を傾けていた。


最後になりますが、まだ活動を開始して間もないクーバー・コーチングコリアがここまで急速に成長できたのもプログラムに関わり、常に全力を尽くしてくれる選手達、そして何より寛大で非常に多くのサポートをして下さった保護者の皆さまのおかげでございます。今回セミナーを行い、「エリート育成プログラム」でも使用している障害者専用の施設も、ある選手の保護者の方からご紹介頂いた施設です。この保護者の方には施設をご紹介頂いただけではなく、水原市障害者団体の方に、施設を使用させて頂けるように交渉をした際には、仲介にまで入って下さいました。このおかげで、我々は素晴らしい施設で日々指導をする事が出来ています。
またある保護者からは夜にもレーニングが行えるようにと施設にライトを設置するための寄付金まで頂きました。


更には、飲料メーカーである会社を経営されているある保護者の方は無償で、全国で販売している水のペットボトルデザインにクーバー・コーチングのロゴを入れさせて下さいました。
今回のセミナーでも、イベント運営会社を経営されているある保護者の方がビデオカメラとワイヤレスマイクを提供して下さり、アルフレッドのサポートをして下さいました。

我々クーバー・コーチングは感謝しきれないほどの大きなサポートを「エリート育成プログラム」にお子様を預ける保護者の方々から頂いております。言葉や文面で感謝をするだけではなく、我々は皆様の期待に応え、「世界NO.1のサッカースキル指導法」とこれからも呼ばれるように日々努力致します。


ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.