アカデミー卒業生インタビュー2〜第12期生【アカデミー】

2012.08.04
■開催日 2012年08月04日(土)
■場所 クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
■開催 クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
■参加人数 卒業生:248名
Date 2012.08.04


クーバー・コーチング指導者養成機関であります、クーバー・アカデミー・オブ・コーチングを修了し、スクールやキャンプ、クリニック等で活躍中のコーチたちに、アカデミーでの一年間や現在の指導について、また、指導者を目指したきっかけなどをインタビューしていくコーナーです。

第二回目は、2010年度第12期修了生であり、浦和校、GKプロジェクトで活躍している篠崎友基コーチにお話を伺いました。


Q.アカデミーを入学した動機、指導者になろうと思ったきっかけは何ですか?
小さい頃からサッカーをプレーしてきて、沢山の素晴らしい経験(ユース代表、高校選手権ベスト4等)をさせてもらうことができました。それらは、指導者の影響が非常に大きかったので、自分も指導者になりたいと思いました。様々な指導者から指導してもらい、心に響く言葉を沢山いただきました。実は、高校生のころから指導者への魅力を感じていました。


Q. 実際に指導して喜びや楽しさ、難しさを感じるときは?
子供たちがそれまでできなかったことが、指導を通じてヒントやコツをつかんでくれて、できるようになることに喜びを感じています。トレーニングでやったことを2~3週間後に「家で練習してきたよ。できるようになったよ。」と報告してくれるのは、本当にやってよかったなと思います。
指導の難しさは、子供たちは発育発達に個人差があり、競技レベルにも差があるということです。しかし、子供たちが成長していくのを近くで感じられることが最大の喜びです。


Q.篠崎コーチも関わっているGKプロジェクトについて教えて下さい。
小学生年代は、普段GKというポジションではなくともGKに興味がある子供達はたくさんいます。また、興味はあるが、GKを経験した事のない子供達も沢山いると思います。このGKプロジェクトでは、GKというポジションを沢山の子供達に経験し、その楽しさを知ってもらうことで、子供達の新しい可能性を見つけていきたいと考えています。
また、普段、GKの専門的な指導を受ける機会が少ない子供達の為にも、それらの機会や環境を増やしていくことも重要だと考えています。
GKというポジションにもフィールドプレーヤー同様に基本技術があります。様々な要素の土台となる基本技術を小学生年代で身に付けることがその後のGKとしての成長に違いが出ると考えています。


Q.アカデミーの一年間で印象に残っている事は何ですか?
2学期後半の指導実践です。悪戦苦闘した思い出があります。様々な対象年齢や競技レベルに合わせて、どう準備し、どう進めていくのか。そして、終わった後の振り返りなど、非常に頭を使いました。今でも忘れないです。講義では沢山の事をインプットして、グラウンド上でアウトプットしていく。アカデミーでは、そこが一番重要だったと思います。そこを経験し、乗り越えて行った事が今に繋がっていると思います。


Q.最後に2013年度のアカデミー生へのメッセージをお願いします。
今までの人生で一番と言っても過言ではない、充実した一年間になると思います。一つ一つの事に対し、全力で向き合うことで、必ず自分の成長に繋がっていきます。一年間という期間は大変かと思いますが、是非、チャレンジしてほしいと思います。

どうもありがとうございました。
今後のご活躍を期待しています。

クーバー・アカデミー・オブ・コーチング


【アカデミー説明会・体験授業のご案内】
【説明会】 詳細はこちら
9月8日(土)14:00〜17:00 <会場:クーバー・フットボールパーク武蔵浦和>
9月9日(日)14:00〜17:00 <会場:クーバー・フットボールパーク大阪平野>
【体験授業】 詳細はこちら
9月4日(月)〜11月1日(木) (通常の授業にご参加いただけます)
【募集要項】 募集要項詳細はこちら


※クーバー・アカデミー・オブ・コーチングとは
株式会社クーバー・コーチング・ジャパンが運営するコーチ養成学校です。コーチングに必要な知識を1年間かけて学び、クーバー・コーチング・サッカースクールのコーチになることを目指します。


《校外授業レポート4》   《校外授業レポート5》



クーバー・アカデミー・オブ・コーチング
TEL:048-710-7392  E-Mail:academy-info@coerver.co.jp

ページトップへ戻る

COERVER COACHING JAPAN Co.,Ltd.
1999-2016 All Rights Reserved.