SOCCER

【高校サッカー選手権出場校に所属するクーバー出身選手/第二回】井谷洸一郎選手(履正社)

2020.12.22.TUE

第99回全国高等学校サッカー選手権大会が2020年12月31日〜2021年1月11日まで開催されます。だれもがあこがれるこの舞台に立とうとしているクーバー出身選手とスクール生時代に教えたコーチとの対談を記事にしました。

第二回目は井谷洸一郎選手(大阪府代表・履正社高等学校)と今川元樹コーチ(神戸校スクールマスター)です。

井谷洸一郎選手
今川元樹コーチ

対談の様子 ショートムービー

ーークーバーを始めたのは?

小2のときです。インターネットでお父さんが調べてくれて、「入ろう」と背中を押してくれました。
第一印象は、自由!
やんちゃでわんぱく。
最初は手のかかる子なのかと思っていました。
けど、サッカー大好きで、すごく一生懸命プレーしていました。
とにかく楽しかったんです。自由にやらせてもらえました。自分の好きなドリブルの練習が多くて、あっていましたね。
あと、スクール中は、ほめられた記憶しかありません。今川コーチから、「オレの次にうまい」ってずっと言われていました。うれしかったです。
おぼえていないなあ(笑)
洸一郎はどちらかというと、のせるとめっちゃがんばるからね。いいタイミングでほめると一生懸命やるタイプでした。
ほめられて、めっちゃのっていました(笑)
左:今川コーチ/右:井谷選手 *スクール卒業以来、約6年ぶりの再開

ーー高校サッカーの良いところは?

ずばり、サッカーに対する熱量です。正月のあの舞台にたって、全国一をとりたいという高い気持ちをみんなが持っています。この部分はクラブユースには負けません。

ーー現スクール生にアドバイスをお願いします。

どんな練習でも全力でやりましょう! 自分は小さいとき、攻撃、とくにドリブルしか前向きに取り組んでいませんでした。結果、いま、守備に苦手意識があります。好きなプレーだけでなく、守備の練習ももっと真剣にとり組んでおけばよかったと感じています。
ボールをとられたら、とり返しにいくのは、当たり前のこと。足りないと思ったら、いまからでも守備のトレーニングにとり組めば上達しますよ。

ーー選手権への意気込みをおしえてください

自分の得意なゴール前でチャンスをつくるようなドリブルを仕掛けていきたいです。
選手権に出場するだけの選手になったってことにびっくりしました。大会にでるだけでなく、その先どうなるかっていうのも大事です。「おめでとう」なんだけど、この先も「がんばってね」とエールを送りたいと思います。

応援しよう!

井谷選手の所属する履正社高校は第二回戦から登場します。

2021年1月2日@ゼットエーオリプリスタジアム
vs 帝京長岡(14時10分キックオフ)

先に紹介した帝京長岡・三宅凌太郎選手(上海校元スクール生)と対決します。
両選手と両チームへの応援をよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加